照明とコスト

店舗を運営するにあたって、最も気を遣うのはコストです。 そこで短期的に大きな出費をして、長期的な節約を図るのも一つの方法です。照明をLEDに交換するのも、コスト削減として有効です。 店舗でLEDに交換をする時には、電気工事屋に依頼をすれば工事をしてくれるのです。街灯から内装のLED照明器具まで標準的な店舗で数百灯単位で交換していくのです。工期は規模にもよるのですが、数日あれば器具交換、電球交換をすることがおおよそ可能です。工事においては配線にある安定器をそれまでの蛍光灯用の安定器でも利用できるのですが、電源の規格が違うことで、劣化しても気が付かずに火災を発生させる可能性が出てくるのです。安定器の交換費用は掛かりるのですが、安全のためにも配線工事で安定器を交換することが最善です。

店舗では家庭よりも使う照明の数が多いですし、昼間でもつけることになるのです。そのため電気料金がかなりかかるのです。そこでLED照明器具にすると、電気料金は蛍光灯に比べておよそ半分以下に抑えることが可能です。またLED照明器具では熱が電球に比べ若干低いので、店舗の温度上昇を抑制することが出来るのです。すると冷房のコストが抑えることが可能です。 それから、街灯をLED照明器具にした場合には、虫が寄ってくる紫外線をほとんど出さないので、来てくれるお客さんに迷惑をかけることはないですし、死骸などで汚れることもないのです。 LED照明器具はこれらのメリットに加えて、昨今の環境に対する意識の高まりや電力不足への対策などが理由で人気となっているのです。